薬でごまかしている逆流性食道炎を治したい

40代半ばの老化現象

季節の変わり目ということで、

会社でも風邪をひいている人がチラホラ見受けれますが、

我が家でも最愛の娘が風邪をひいてしまいました。

ですが、高校生の大切な「中間テスト」らしく、

簡単に休むわけにはいかないようで、しんどそうな顔をしながら

教科書とにらめっこをしていました。

朝、僕の出勤まえに娘から、

「やっぱり、学校まで送って。。。」とのヘルプ。

ここで父親の出番です。「OK!何時に出る?」

なんて、いちびって早々と車に乗り込み「待て!」の状態。

マスク姿で娘は助手席へ。

学校までは車では片道おおよそ30分。

電車だと一時間ちょっと。

助手席では娘が教科書をじっと眺めています。

特に学校までは会話もそこそこに安全運転に努めたのですが、

出発が遅かったのと、帰り道渋滞で

会社に遅刻してしまいました。

でもまあ、一応、県内では上位の進学校で

昔、県内の最下位の学校へ通っていた僕にとっては

娘の高校合格が決まった際にはかなり感激をしたのを覚えています。

そして、早いもので大学受験の準備と

大学受験が大きく変わる年に向けて、文武両道で毎日本当に

忙しそうです。

そう思うと僕も頑張らないと。という気にいつもなるのですが、

頑張るにはやはり、健康な体でないといけません。

実は、もう数年「逆流性食道炎」にかかっておりまして、

数日間隔で薬を飲まないと、胃酸の逆流でキリキリと痛むのです。

非常に厄介で、特にストレスもないしタバコも吸わないし、お酒だってほとんど飲まないのですが、

唯一思い当たるのが、

おやつ。」ですね。

やめられません。晩御飯を食べた直ぐ後におやつをバリバリ。

食べると眠たくなるのでゴロリ。

恐らく原因はこれだと思うのですが、

薬の効き目がある間は痛みが無いので、ついつい過食気味。

やはり、自覚症状がないとあまえてしまいます。

長年、このような生活を続けてきた結果、

「内臓脂肪」がたんまりと付いていると、

会社の健康診断や逆流性食道炎のクスリを頂いている先生から散々言われました。

通勤で片道35分のウオーキングくらしか運動はしておらず、

原因を探り、行きついた対処法は

生活改善」です。

とはいってもあくまでも「ゆるく」でないと、

まず続かない。」

とりあえず、「おやつ」をやめて様子を見ます。

そして、薬を飲む日数の間隔が開いていけば「効果あり」にします。期間はお正月まで。(短いかな?)

現状では薬を「1週間に1粒」飲んでいます。

ので、これ以上の間隔になれば効果ありです。ゆるいですが。

まあ、僕の体が健康であることが家族にとっても

「当たり前の普通の毎日。」に繋がっていればと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サラリーマン万歳!
転職する時に感じたこと。

もう「娘の同級生」、いわゆる「パパ友」との付き合いも15年以上になるのですが、 15年も仲良くしてい …

サラリーマン万歳!
僕の通信制大学での勉強手段はパソコンメインですよ。

通信制大学での学習方法について、よく情報交換をするのですが、 一番はやはり、「どうやって勉強するの? …

父親として
短期留学の目的って何でしょうか?

海外への憧れが「短期留学」という形で、実際に海外の学生生活を送ることができて、 まさしく「グローバル …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。