これでも上出来な芝です!

DIY奮闘記

過去何回か老後の趣味も兼ねて「園芸」に挑戦をしたことがありました。

ですが、センスもへったくれもなく「寄せ植え」はジャングルのようになりあげくの果てに、かなり早いペースで枯らせてしまっていたと思います。

こりることもなく、「芝」だけは家を買った時の「男のロマン」で地面をひっくり返し、下地を作って芝をDIYしました。

我が家はとても陽当たりが悪く、あっという間に隣の家の日陰になってしまいます。

あまり、ゴルフじょうのような理想の感じになっていないと

もう、芝を管理して数年になるのですが、毎年やっぱりやめようかとも考えます。

しかし、

今年は特に朝、出勤前にたっぷりと「水」をあげて週1で「液肥」をあげました。

雑草対策の「除草剤」もまんべんなく撒きました。

炎天下での「草むしり」は汗は滝のようで、「蚊」も喜んで飛んでくるしと、最高の環境です。。。

昨年までは若干ケチッて少量だったため、除草効果があまりなかったのですが、

今年は奮発してふんだんに撒いてみました。

これが良かったみたいです。今年はびっくりするくらい雑草が無くて、芝のメンテと言えば「芝刈り」くらいのものでした!

「ハンディ」の芝刈り機で当初全体を刈り込んでいたのですが、永遠と終わらないのと、仕上がりが悪いのと、隣のおじいさんに笑われたので

転がすタイプの「芝刈り機」を購入し、ハンディタイプは隅っこ、壁の際などで活用することにしました。

「最高でした!」

きれいに高さがそろい、へたくそだった下地の勾配が感じの良いアンジュレーションを作り出してくれていました。

今さらながら思えば、毎年格闘しながら芝の手入れをしていますが、

全般的に「愛情不足」。

だったかもしれません。

もっと多くの「水」。もっと多くの「肥料」。もっと多くの「芝刈り」。

毎年勉強させて頂いております。 自然に感謝です。

DIY奮闘記
我が家は「いざ!」という時、本当に万全なのか?

近年「異常気象」で台風が大型化したり、 またその他の自然災害で甚大な被害が出る頻度が高まったと誰もが …

DIY奮闘記
実力以上のDIY

娘の思春期に対応するために、僕の部屋を2分割してもう一つ部屋を確保するこにしました。 ・・・僕の学校 …

DIY奮闘記
ドライブレコーダーで安心?

最近、ニュースなどでも頻繁に話題になっています「あおり運転」について今日は少し対策をしてみました。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。