ドライブレコーダーで安心?

DIY奮闘記

最近、ニュースなどでも頻繁に話題になっています「あおり運転」について今日は少し対策をしてみました。

6月ごろに購入していて、ズルズルと取り付けずに放置していた「ドライブレコーダー」をDIYで取り付けました。

最近はブログで取り付け方なども詳しく説明してくださっている人が沢山いて僕のような素人でもなんとか取り付けることが出来ました。

ですが、さずがに内張を外して、配線を見えないところを通していなどしていると、汗びっしょりで半日作業をする羽目になりました。

ドライブレコーダーで記録した映像が、ニュースなどでも頻繁に映し出されていますが、その映像による状況再現性の高さや証拠能力に注目が集まっていて、今取り付けを検討している人も多いのではないでしょうか。

僕が購入したドライブレコーダーは選んだポイントは「画質」「画角」「駐車監視機能」の3つです。

画質は「フルHD」以上が事故の際に証拠となりやすい相手のナンバーが読み取れるかを重要視しました。できるだけ画質の良いものを選んだ方が良いですね。

あとは、撮影できる画角(視野角)が広いほど安心ですね。これは取り付けをしていて感じました。事故は真正面でおこるとは限らず、たとえば斜めから当てられたということも十分に考えられるからです。

それから「前後撮影」が可能であるか。後方からの追突やあおられた場合に撮影が出来るということですが、DIYでは配線が大変ですが、達成感はありました。

こういった対策は「自分は大丈夫」ではなくて予防的な考えで取り組むことが重要で、自分に対してだけでなくこの映像をもとに人を救えるかもしれない。少し大げさかもしれませんが、今の時代これくらいでも足らないかもしれませんね。

防犯カメラについての資料
DIY奮闘記
我が家は「いざ!」という時、本当に万全なのか?

近年「異常気象」で台風が大型化したり、 またその他の自然災害で甚大な被害が出る頻度が高まったと誰もが …

DIY奮闘記
これでも上出来な芝です!

過去何回か老後の趣味も兼ねて「園芸」に挑戦をしたことがありました。 ですが、センスもへったくれもなく …

DIY奮闘記
実力以上のDIY

娘の思春期に対応するために、僕の部屋を2分割してもう一つ部屋を確保するこにしました。 ・・・僕の学校 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。