【スベ美肌男子】ヒゲ剃りの肌トラブルを解決!

スポンサーリンク
いいものご紹介
スポンサーリンク

髭剃りは男性にとって毎日の身だしなみとしてとても大切ですが、僕も含めて肌の弱い方にとっては髭剃りが肌荒れの原因になることがありますよね。

髭剃り後にクリームを塗ってヒリヒリを抑えていますが、特に肌のトラブルについてその理由を探ってみると、ヒゲの剃り方にも問題があるようです。

今回はヒゲ剃りによる肌荒れに悩んでいるという方に向けて、正しいヒゲの剃り方とヒゲ剃り後のケアについてその解決方法を解説します。

スポンサーリンク

なぜ髭剃りで肌荒れを起こしてしまうのか?

これはヒゲ剃りによって皮膚の一番外にある「角質層」が傷ついてしまうから肌荒れが起こってしまうのです。

以下にもう少し詳しく解説していきます。

角質層には肌を守る働きがある

皮膚の外側部分を「表皮」といいますが、表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つからできています。

角質層は表皮の一番外側にある部分で、皮膚の保湿とバリア機能というとても重要な役割を担っています。

細菌やほこりなどの外的刺激によって肌が傷つかないのは、健康的な角質層がそれらの侵入を防いでくれているからなんです。

髭剃りは角質層を傷つけている可能性がある

ですが、間違った髭剃りを行っているとその角質層に傷が付いてしまうことがあります。傷の付いた箇所は皮膚のバリア機能が失われて無防備な状態になり、細菌などのしんにゅを許してしまいます。

結果として「髭剃り負け」と呼ばれる皮膚の痛み、赤身、ニキビなどの症状が現れてしまうのです。

髭剃りによる肌荒れを防ぐための剃り方とケア方法

髭剃りで肌荒れを起こさないためには、正しい髭剃りの方法を身に付けることが重要です。また、髭剃りの後のケアまでしっかりと行うことで、肌荒れを起こすリスクを軽減させることに繋がります。

正しい髭剃り方法

髭剃りを行う前には、蒸しタオルなどを使って肌とヒゲを温めておくといいですね。ヒゲは肌よりも固いので、髭剃りをする際に強い力が必要になって、肌の角質層も一緒に削ってしまいます。できるだけヒゲを柔らかい状態にしておくことで、肌を傷つけるリスクを下げることができます。

肌とヒゲを十分に温めたら、次はシェービングフォーム(シェービングジェル)を塗ります。シェービングフォームはヒゲを柔らかくする作用や、肌を守る役割があります。

ヒゲが見えるジェルタイプを使うと剃りやすいのですが、肌荒れ防止にはフォームタイプのほうが良いと思います。フォームタイプはヒゲが見えづらくなるので、剃り残しがないように注意しましょう。

準備が整ったら、電気シェーバーやカミソリを使ってヒゲを剃りはじめますが、まず、ヒゲが流れる方に剃る「順剃り」を行って、その後、ヒゲの流れに逆らってそる「逆剃り」を行うと良いですね。

この時、できるだけ力を入れないことがポイントです。また、カミソリよりも電気シェーバーのほうが肌への負担は少ないので、もし持っていなければ購入を検討してみてください。

正しい肌ヘア方法

髭剃りの後は傷ついた状態なので、適切なケアが必要になります。ケアのポイントは「保湿」で、化粧水や保湿剤を使ってしっかりと保湿すると良いです。

また、保湿効果や抗炎症効果などが期待できる「アフターシェーブローション」なども販売されていますので、こうしたケアアイテムを使うのもおすすめです。

但し、敏感肌の方の場合は、化粧水やローションの刺激が強すぎるケースもあります。なるべく敏感肌のケア用品を選びましょう。

正しいお手入れ方法

髭剃り後の電気シェーバーやカミソリの刃にはヒゲや皮脂などがくっついていて、そのままの状態にしとくとさび付いて切れ味が悪くなってしまいます。

電気シェーバーの場合はそれぞれのお手入れ方法に従って正しく掃除を行って、カミソリの場合はしっかりと流水してゴミや汚れをおとしてから刃を乾かすようにすると良いですね。

一般的な電気シェーバーの場合、刃の交換は1~2年に1回は必要になります。また、カミソリの場合は使い捨てタイプでなければ2~3週間に1回の頻度で行うと良いかと思います。

正しく刃を交換することで切れ味を保つことができて、髭剃りによる肌荒れを防止することができます。

肌荒れが続くようなら皮膚科を受信しましょう

正しい髭剃りやケアに努めていても、肌荒れを起こしてしまうこともあるかと思います。その症状が自然に治ったり、市販の薬で治ったりするならいいのですが、もし数日たっても出血や腫れ、痛みが続くようなら皮膚科を受診することをおすすめします。

もしかしたらニキビや毛嚢炎、金属アレルギーなどのトラブルが起きている可能性があります。

あくまでも一般論ですが、アクネ菌が入り込んでしまってニキビが起きていたら、ビタミン剤などを使った治療を行ったほうがよいかと思います。

また、ブドウ球菌が侵入して発症する毛嚢炎には抗菌薬が必要となってきます。刃の金属が皮膚と合っていなくて、アレルギー症状を起こしているなら原因物質の除去やステロイド薬の使用などが必要となってきます。

なかなか一般人が、症状からどの肌トラブルが起きているかの判断をするのは難しいですね。できることなら皮膚科を受診して、医師に診断してもらうことをおすすめします。

まとめ

髭剃りの後に肌荒れが起きてしまう主な原因は、角質層が傷ついてしまうことから起きてしまいます。髭剃りの際の間違った剃り方、ケア方法、お手入れ方法などが関係しています。

髭剃りは自分流で行っている方もいるかと思いますが、肌を傷つけない正しい方法をご紹介しましたが参考にして頂ければと思います。

以下に、口コミでも高評価のローションを取り扱っているサイトをご紹介です。

深剃り後悩みに「エピナイザーゼロ」 顔から手足、背中、デリケートゾーンまで全身使える【ヘアーリデューシングクリーム】 「エピナイザーゼロ」でモテ肌つるスベ肌を! 【人材募集情報】
「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダーの
株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
いいものご紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こうじをフォローする
”豊かな生活”情報日記
タイトルとURLをコピーしました